勃起障害になるには心や体、様々な要因があります。加齢や生活習慣や身体の障害に起因される例だけではなく、ストレスや不安の悩みを抱えているなどの心理的な面から勃起障害になる場合もあります。

悲しい男性

勃起障害の原因としては、まずは心理的な要因を挙げることができます。
ストレスや落ち込み、また性的事柄に対してのプレッシャーや嫌悪感、トラウマなどがあった場合は、性的刺激に対する集中や感受性が低くなってしまいます。
それにより勃起障害が引き起こされてしまうと言うわけです。この場合の治療法としては、もし、本人がそのことを認識できている場合には、それを解消することが求められます。
酷いうつ状態などの場合には治療薬が使用されることもありますが、たとえば溜め込んでいた思いを口に出す、パートナーと話し合いの場を設けるだけで解決することも多くあります。
もし、本人がそのことを認識できていない場合や、無意識のうちに避けているような事柄が関わっている場合には、まずはそれを特定することが必要です。
これは本人のプライバシーにも関わることなので、非常に繊細な治療が求められます。
それから性的刺激を十分に感じたとしても、それを陰茎に伝えるための神経系や、血管や血流に問題があると、それを原因として勃起障害が発生することもあります。
この場合は、その程度によって治療法が異なります。それほど程度が酷くない場合には、食事内容に気を配る、睡眠時間を確保する、適度な運動習慣を持つことなどで改善がはかられます。
しかし生活習慣病に該当しそうなくらいに酷い場合には、生活習慣病を治療することを第一にしながら、同時に勃起障害を改善するための治療薬が必要になることもあります。
ただし生活習慣病の治療薬と勃起障害の治療薬には相性もあるので、医師への相談が必要不可欠です。
勃起障害の治療薬はたくさんあります。その中から自分に合うED治療薬を選ぶ必要があります。メジャーなとこではバイアグラがありますが、他にはシアリスやザイデナといった治療薬もあります。シアリスやザイデナの効果も勃起不全を解消してくれるという点ではバイアグラとも変わらないので、値段や相性などを考慮して選んでみましょう。
また手術や外傷によって神経系や血管にダメージが残り、勃起障害が引き起こされることもあります。これは、ある程度はやむを得ない側面を含んでいます。
しかし最近では、こうしたことを回避するための手術法や治療薬も出てきているので、治療法としてはそれらを選択することが挙げられます。