勃起障害になるには心や体、様々な要因があります。加齢や生活習慣や身体の障害に起因される例だけではなく、ストレスや不安の悩みを抱えているなどの心理的な面から勃起障害になる場合もあります。

  • ホーム
  • 勃起障害を治すためにかかる費用は?

勃起障害を治すためにかかる費用は?

悲しいカップル

勃起障害を治療する際に最も有効な治療法となるのは病院で診察を受けて治療薬を処方してもらう方法です。
現在では全国各地に勃起障害の治療に対応した病院や専門クリニックが出てきていますから、治療を望むのであれば離島などの一部地域を除いていつでも病院にかかることが出来ます。
ただそうした際には当然費用がかかるものですし、何より問題になるのが勃起障害治療は自費診療になるということです。
これは現在の日本の健康保険制度において生命や生産性に関係しない体調不良の治療は個人の判断で行うものであるという判断があるからです。
そのため勃起障害治療は費用が自費負担となってしまうわけです。
ではその費用はいくらくらいなのかというと、自由診療分野であるためそれぞれの医療施設によってかなりの差があります。
ただカウンセリングなどを無料にしている場合には精々勃起障害治療薬の処方費用がかかる程度になりますので、この場合ですと1錠あたり1300~2500円程度がかかってくるとして見込んでおく必要があります。
ここでもかなり幅広い価格設定があるのですが、これは勃起障害治療薬の薬価が定められていないため病院や調剤薬局で価格が設定されるからです。
最も多く使われているバイアグラ25mgでも1300~2000円と価格に開きがありますので、ここは受診する医療機関に確認するほかありません。
ただ一般的に思われているように「治療をしようとすると数万円かかる」といった考え方は正しいとは言えません。
もちろん一度に多く薬を処方してもらうなどのことになれば数万円がかかることもありますが、少なくとも薬を必要最低限だけ処方して、カウンセリングを受ける程度であれば5000円程度あれば診療を受けられることが多いのです。
もし勃起障害治療に関してより深く知りたいのであれば、最寄りのクリニックなどに相談をしてみましょう。

人気記事一覧